ドクター

精神科で治療ができる強迫性障害|早めに治して生活を快適に

若い人に多い症状です

カウンセリング

やめられない行為が続く

強迫性障害とは、自分ではわかっていても、そのことが頭から離れずにこだわってしまったり、そのことが原因で不安になり、何度も確認行為をしてしまったりする症状です。抑えようとしても抑えられない不安や強迫観念がわき、それを打ち消そうとして無意味な行為を繰り返してしまうため、時として日常生活に支障をきたす状態に陥ります。例えば、ドアの鍵がかかっていないのではと何度も何度も確認してしまったり、ガスの元栓をしめたか・窓の鍵をしめたかなどが気になって仕方がなく、何度も確認してしまい、結局家から出ることが出来なくなってしまいます。また、手を何度も洗っているのに汚れがとれないという強迫観念にとらわれてしまい、必要以上に手を洗い続けるなどが代表的な症状と言えます。また、占いやラッキーナンバーなどのこだわりにより、生活がままならないというタイプの人もいます。自分でも何度も確認することや手を洗いすぎることがやりすぎだとわかっていても、次から次へと不安や強迫観念が膨らんでいき、自分が大丈夫だと安心感を持つまでやり続けてしまいます。はたから見ればそれが異常にも感じることでも、患者本人に止められなかったり、患者の自覚がない場合もあります。強迫性障害は日本では成人の40人に1人の割合で患者がいると言われています。発症年齢が比較的高く、成人患者の30%から半数近くが小児から青年期に発症していることがわかっている病気です。強迫性障害の強迫観念にはいろいろなものがあり、それに付随した強迫行為が見られます。

治療をすれば治る病気です

強迫観念のおもな症状では、不潔恐怖や汚染に関してのものがあります。これは、細菌や汚れといったものの恐怖により、手洗いを頻繁にしたり、入浴や洗濯を繰り返したりするものです。潔癖症に似ており、自宅以外のドアノブや手すりなどに触れることが恐怖と感じてしまいます。戸締りやガスの元栓などが気になり、確認行為が頻繁に行われることも強迫性障害の代表的な症状です。数字のこだわり・物の配置や道順・手順などのこだわりもよく見られる症状で、自分が決めた順序が狂うことが恐怖になり、必ず同じように行わねば気が済まないという症状も見られます。こういった症状は、病気でなくても見られる場合もありますが、強迫性障害の人は度が過ぎているという点で違いがあり、日常生活にも影響が出ていることが大きな違いと言えます。病院を受診し治療すれば改善する病気ですが、自覚していない人もおり、病院に行くのが遅れることがあります。病院では薬物療法と認知行動療法による治療を行うことが効果があるとされています。専門の病院を受診し、患者にあう薬を服用することがまず基本です。そして認知行動療法で、強迫観念や不安感に立ち向かい、それらを打ち勝つことができるよう、強迫行為をせずに我慢をさせて治療するという行動療法を行います。例えば、自宅を出る際、一度施錠を確認したらもう二度と確認しないで我慢することや、手を洗わずに我慢するなどの練習を繰り返します。医師とのカウンセリングと薬物・行動療法を行うことで、時間はかかりますが強迫性障害は少しずつ改善していきます。